KIMUSON BLOG

読書が好きな文系プログラマ「きむそん」のブログ。IT系情報や、20代夫婦の日常を発信中。

【新入社員向け】立場が上の人と怖がらずに話せる方法

f:id:samuraikid520:20160613213948j:plain
最近新しく入った新入社員の子に「上司と喋るのにビビってしまう」といった相談を受けます。
僕も最初はそんな風に思ってました。課長はまだしも、部長レベルの人となるとすごく怖かったです。笑
上の人と喋ると萎縮してしまう自分がいました。でもこれには克服する方法があります。

1.会社の大きな飲み会に行こう

おそらくすごくやだなと思いますよね。
でもこれがかなり効果あるんです。

喋る相手はなるべく立場が上の人がいいです。
そうすると、「あ、立場の上の人でも普通のおじさおじさんなんだな」と感じるでしょう。

自分の持っている「怖いイメージ」を取っ払うことができます。

ちなみに会話する内容はなんでもいいです。
僕がよく言うのは
「僕今年で〜年目なんですけど、〜さんの〜年目ってどんな感じでした?」
なんとも抽象的で「どんな感じって?」って回答が帰ってきそうですが、別に気にする必要はないありません。

上の人たちは、自分の過去の話をするのが好きです。笑
なので、何ら嫌悪感を感じることはないんです。
ぜひファーストステップとして、過去の話を聞いてみましょう。

2.嫌われても構わないと考えよう

おそらく上の人と接するときに思うのは「何か気にくわないことをして、嫌われたらどうしよう」と気にしてしまうことです。

これを気にしだすと、自分が萎縮してしまう。あるいは気の使いすぎで疲れてしまうかもしれません。
なので別に嫌われてもいいという考え方を持ちましょう。
人は十人十色。きっと合わないなぁと思う人も出てきます。
しかし、どんなにこの人が嫌いだなぁと思ってた人も長い時間をかけて接するとだんだん慣れて逆に好きになってくれるものです。

今、この瞬間に気に入られようとする必要はそもそもないんです。
ゆっくりと時間をかけて自分の個性を理解して貰えばいいと思います。

3.自分を出そう

やはり気を使われていると、相手もなかなか気を許してはくれません。
なので、「腹を割って」話すつもりで行きましょう。

なんども言いますが、相手は「普通のおじさん」です。笑