KIMUSON BLOG

読書が好きな文系プログラマ「きむそん」のブログ。IT系情報や、20代夫婦の日常を発信中。

【就活】面接に遅刻しても受かった時の対応をまとめてみた

f:id:samuraikid520:20160624083527j:plain
面接に遅れた時の対処と心の持ち方についてお話しします。

電車が遅延したり、緊張で体調を崩したり、徹夜でエントリーシート書いて寝坊したりで、面接に遅れてしまった人向けに記事を書いていこうと思います。
面接に遅れることありますよね。。。


「そもそももう社会人になるんだから遅刻なんてもってのほかだ」と言われてしまうかもしれませんが、誰だってミスはあります。
僕も面接に遅刻した経験が2回あります。
ちなみにそのうちの一回は落ちてます。もう一回は受かりました。

遅刻理由は、道に迷ったんです。笑
グーグルマップさんが正しく動いてくれなくて。。。
まぁありがちですよね。
完全に遅刻したし、もう途中でいくのをやめようかと思いました。
いろんな理由があるかと思いますが、以下の対応をすればもしかしたらまだ受かる可能性があるかもしれません。

遅れるとわかった時点で連絡する

人事の方も鬼ではありません。
遅刻理由が少なくとも「寝坊」でなければ大丈夫です。
なるべく気づいた早い段階で連絡しましょう。

面接会場に着いたら一回落ち着きましょう

一番良くないのは、汗ダラダラの状態で面接会場に着いて、
息を切らした状態で人事に会うことです。笑

なので一回落ち着いて、汗をふき取りましょう。

面接の最初に遅れたことを謝りましょう

面接の部屋に入ったら立って謝罪しましょう。

「本日面接をさせて頂く、○○と申します。本日は貴重なお時間を頂いたのにもかかわらず到着が遅れ申し訳ありませんでした。」

まずが一言言っておくのが重要です。

最後退出する際にもう一度、謝りましょう。

もう一押ししておきましょう。その際に、第一志望であることも同時にお伝えするといいかもしれません。

もう一つ重要なのは心の持ち方

遅刻すると不安になりますよね。
どんなに手応えのある面接でも不安になると思います。
しかし、遅刻だけで人事は内定対象から外すことはありません。
自信を持ってどうどうと面接を待ち結果を待ちましょう。