KIMUSON BLOG

きむそんの雑記ブログ

IoTを活用したシェアリングエコノミーサービスまとめ

IoTを活用したシェアリングエコノミーの成長が止まらない

「シェアリング・エコノミー」とは、典型的には個人が保有する遊休資産(スキルのような無形のものも含む)の貸出しを仲介するサービスであり、貸主は遊休資産の活用による収入、借主は所有することなく利用ができるというメリットがある。
参考:総務省|平成27年版 情報通信白書|シェアリング・エコノミーとは

モノを資産として持つというより、必要な時だけ使いたい。そんなニーズがいま高まっています。

2015年度の国内シェアリングエコノミー市場規模は前年度比22.4%増の285億円
参考:シェアリングエコノミー(共有経済)市場に関する調査を実施

UberAirbnbなど海外のベンチャーから生まれたサービスを筆頭に各分野のシェアリングエコノミーが順調に成長しています。

日本でもこれらの動きを無視できなくなってきているようで、規制緩和の検討なども実施されているようです。

シェアリングエコノミーの発展に欠かせないIoT活用

そんなシェアリングエコノミーの発展に一役買っているのがIoTです。

IoTによって、センサーや測定装置、GPSをサービスに付与することができます。
これにより利用者のデータ収集を可能にし、顧客のニーズを適切に把握しサービスを提供します。

また、IoTによって私たちはより必要な時に提供されているサービスを利用することができています。

オススメのシェアリングサービスまとめ

ここでは今人気のシェアリングサービスをまとめていきます。

空間系

空き部屋のシェアリングですね。利用用途別に空き部屋を探すことができます。
不動産を持っている人も、部屋を探している人も嬉しいサービスですね。

スペースマーケット

f:id:samuraikid520:20170103135716p:plain

SPACEMARKET(スペースマーケット)は貸し会議室から民泊まで、
約6,000ものユニークなスペースの予約から支払いまでワンストップで
簡単に行えるサービスを提供しています。
参考:https://spacemarket.com/about/service

SOCIAL APARTMENT

f:id:samuraikid520:20170103135722p:plain

普通の1LDKのような人部屋と共用のラウンジなどもついた物件を探すことができます。
一般的なシェアハウスよりもプライベートを確保でき、かつ人との交流もすることができます。

交通系

Anyca

f:id:samuraikid520:20170103135726p:plain

一般のオーナーさんが所有するあのクルマに乗れるから
気分やシチュエーションに合わせて、幅広いバリエーションのクルマを自由に選べる
Anyca(エニカ)は、そんな新しいカーシェアリングサービスです。
参考:Anyca(エニカ)について | Anyca (エニカ) "乗ってみたい"に出会えるカーシェアリングアプリ

COGOO

f:id:samuraikid520:20170103135730p:plain

COGOOは放置自転車撲滅を目指して誕生した、自転車シェアリングサービスです。
放置自転車の数は、日本全国で毎年200万台発生していると言われています。
東京都内での放置自転車対策費は、126億円に上るそうです。
こうした放置自転車問題の解決のため、全国の国立大学を中心にCOGOOを展開しています。
導入大学の中には、東京ドーム50個分を超える広大な敷地面積を持つ大学もあります。
学生の利便性を保ちながらも、自転車の放置・廃棄が行われないよう、私たちは自転車をシェアすることを始めました。
参考:COGOO

能力系

ビザスク

f:id:samuraikid520:20170103135740p:plain

ビジネスパーソンがスキマ時間で活躍する、新しい知見のマッチングプラットフォーム。 新規事業、海外展開、業務改善など様々なビジネス領域で、知見者のアドバイスやセカンドオピニオンが役立ちます。
参考:日本最大のスポットコンサル|ビザスク

様々な分野のコンサルタントと出会えるサービスです。

アズママ

f:id:samuraikid520:20170103135751p:plain

子育てシェアは友だちや知り合いと送迎・託児を頼りあうインターネットの仕組み。
子育てをシェアすることで子どもはいろいろな人、さまざまな年齢の人に触れてたくさんの経験をすることができます。
参考:子育てシェアとは

タイムチケット

f:id:samuraikid520:20170103135759p:plain

あなたの知っていることを知らない人は必ずいる。
ありきたりじゃない30分をシェアしてみよう。
参考:TimeTicket[タイムチケット]

クラウドファンディング系

Makuake(マクアケ)

f:id:samuraikid520:20170103135802p:plain

毎日、見たこともないスゴイ ”製品・サービス” に出会える!
憧れの “映画・アニメ・音楽” を応援して、一緒に作り上げている気分を味わえる!
“お店” の限定会員券や、お得なコースチケットを先行して購入できる!
参考:
初めての方へ | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

Readyfor

f:id:samuraikid520:20170103135806p:plain

Readyfor(レディーフォー)は2011年3月のオープンから5500件以上のプロジェクトの資金調達を行い、日本最多の23万人から33億円以上の支援金を集めています。弊社ではすべてのプロジェクトにキュレーターと呼ばれる担当者がつき、サポートさせていただくので中学生 ~80代まで幅広い方々にご利用いただいております。
参考:もっと知る - クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)

まとめ

シェアリングって本当に画期的なサービス形態だと思うんです。
自分の持っている資産やスキルを他の人に使ってもらって喜んでもらえたらお金がもらえる。
誰も不幸にならない素敵なサービスですよね。
しかしながら、これらのサービスを私たちが使いやすく利用するためにはやはりIoTの活用が必要になってきます。
今後さらに様々な分野でシェアリングが拡大していくと思います。
どのようにIoTが活用されていくのかが気になりますね。