KIMUSON BLOG

きむそんの雑記ブログ

「モノ」と会話するIoTサービスまとめ

IoTはモノとモノをつなぐサービスとして世の中に認知されていますが、近年ではモノがモノとユーザを区別することなく会話できるようになってきました。

「モノ 会話 IoT」で調べてみると面白そうなIoTサービスがあったのでご紹介したいと思います。

IoT家電のホープ!献立を相談できるウォーターオーブン「ヘルシオ」AX-XW300の流暢な会話がすごい

シャープから発表されているIoT家電が話題になっています。
その名もウォーターオーブン「ヘルシオ」。このヘルシオの何がすごいかというと、こちらの話しかけた内容を理解し、季節や、天気、履歴などから最適なレシピを提供してくれるのです。もちろんAI(人工知能)が搭載されているため、自己学習をしてくれます。

これを実現しているのが「COCORO KITCHEN」というクラウドサービス。
f:id:samuraikid520:20170108143125j:plain
参考:特長 | AX-XW300 | ヘルシオ:シャープ

これで献立に悩むなんて問題も、これから無くなっていくのかもしれません。

人と車がSNSできるサービスをトヨタが提供
交通状況や、車の状態をつぶやきとしてユーザーに教えてくれるサービスは話題になっています。

トヨタフレンド*1(2017年3月までのサービス提供となります。)
人とクルマ、人と人をつなぐソーシャル・ネットワーキングサービス(SNS)です。
カーライフに必要な情報を一方的にお届けするのではなく、スマートフォン上につぶやくことで、双方向のコミュニケーションがお楽しみいただけます。
参考:トヨタ プリウスPHV | PHV Drive Support | トヨタフレンド | トヨタ自動車WEBサイト

充電や、エコ運転、車両情報や点検情報などがつぶやきで把握できます。
また、同じ車種に乗っている方とのSNSも可能みたいです。
f:id:samuraikid520:20170108143220p:plain
参考:トヨタ プリウスPHV | PHV Drive Support | トヨタフレンド | トヨタ自動車WEBサイト

ヤマト運輸がLINEで荷物問い合わせをAIで自動化

ヤマト運輸では、LINEを活用することで、スムーズな問い合わせ対応を行っているようです。

ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社は、6月27日より、「ヤマト運輸」LINE公式アカウントに、会話AIを活用した荷物問い合わせ機能を追加し、荷物の状況の確認や配達の日時・場所の変更がより一層スムーズになったと発表した。
参考:ヤマト運輸、LINE公式アカウントに会話AIを活用した荷物問い合わせ機能を追加 | IoTニュース:IoT NEWS

こちら利用者からも好評のようですね。



日本オラクルが畑と会話できる畑botを開発

IoTと農業の掛け合わせは前々から注目されていますね。
畑と会話することで畑の状況を教えてくれるサービスです。

仮想の畑である「オラクル畑」とLINEで会話してみた。「水分は足りてますか?」とLINEで問いかければ、「ちょうど良い感じです」といった答えが返ってくる。畑に水分が多すぎるような状況だと、同じ問いかけに「ジャブジャブです」と返事があった。
参考:LINEで畑と会話ができる! - 日経ビジネスオンラインSpecial

「ジャブジャブです」ってなんだよって思いますが、、、笑
なんだか親しみがわきますね。

botの仕組みですが、ユーザーはLINEを利用し、LINEに入力された文章を解析することでDBから必要な情報を渡してあげているみたいです。
f:id:samuraikid520:20170108143214j:plain
参考:LINEで畑と会話ができる! - 日経ビジネスオンラインSpecial

まとめ

モノと会話する技術がすぐそこまで来ています。複雑な説明書や、PCで何かを検索することなくあくまで会話で必要な情報を取得できるような未来が待っているみたいです。