KIMUSON BLOG

きむそんの雑記ブログ

ペット×IoTが面白い!注目のサービスまとめ

f:id:samuraikid520:20170115210537j:plain

ペット×IoTで生活が変わる

ペット業界でIoTが活用され始めている。IoTの活用が注目される理由としては、一人暮らしの方が自分が留守の間ペットがどうしているのかと言う課題を解決する方法として考えられているからです。

そんなペット業界で注目されているサービスを今日はご紹介します。

犬の気持ちがわかる「INUPATHY」

f:id:samuraikid520:20170115204721p:plain

「INUPATHY」は、装着するだけで愛犬のキモチがわかる。
うれしい時、ドキドキしている時、リラックスしている時、色と光り方で教えてくれる。
今まで想像するだけだった愛犬のキモチが、リアルにわかることで愛犬との絆が深まり、あなたのドックライフがだんぜん豊かなものに変化します。
参考:INUPATHY(イヌパシー) - 愛犬のキモチに寄り添う共感デバイス

心拍数でペットの感情を把握できるというデバイスです。
心拍数のデータはいつでもスマホで確認可能です。

迷子探索 気持ち分析「Anicall」

f:id:samuraikid520:20170115204902p:plain

センサーとクラウド解析技術が織りなす
行動解析、生体解析、画像解析そして解析データの統合表示と
Anicallは、動物たちの動きや生体情報、そして画像解析によって
物言わぬ動物たちの「シグナル」を捉えます
参考:Company profile

こちらのサービスもスマホでペットの健康状態を確認することができます。

ペット遠隔で触れ合う「ilbo」

f:id:samuraikid520:20170115205349p:plain

固定式カメラとは違い、外出先や離れた場所からお部屋の気になる場所に
ilboを移動させて、その場の映像をすぐにチェックすることができます。
また、内蔵マイク・スピーカーで双方向音声通話ができます。
参考:移動式お留守番カメラ ilbo イルボ

自分の留守の間ペットがどうなっているかを遠くからでも確認することができます。

まとめ

ペットの気持ちを把握するって以前まではなんだか嘘っぽい商品が多いイメージでした。
しかし、詳細にペットの体内状況を分析したプロダクトなので非常に信頼出来るサービスでした。