KIMUSON BLOG

きむそんの雑記ブログ

【結婚】入籍の手続きは、お互いの思いやりが試される最初の壁だよ。

結婚手続きは意外と大変

去年の11月1日。
僕と奥さんは、千葉県の 市役所に婚姻届を提出して無事入籍し、結婚することができました。
結婚するための手続きって、ネットで調べてもほんとにわかりにくくて最初は困る。

見慣れない言葉や用語で、「結局何すればいいんだよ!」って感じ。
しまいにはこれが原因で喧嘩になるではないかと思うほどでした。

なので少しでも結婚手続きが楽になるような記事を書いて誰かの手助けができればと思います。

まずは心構え!結婚手続きは男が大変、女が大変?

結論から言うとどちらも同じくらい大変です。

女性は、苗字が変わるので、クレジットカード、免許証、会社の社員証の変更など沢山の変更書類を書かなければいけません。

男性は苗字の変更こそありませんが、会社への申請、扶養親族の申告などこちらも手間がかかるものばかりです。

時には平日、会社を休んでやらなければいけないことがあります。

仕事と両立して進めていかなければいけないので、どちらがどのような手続きをするか二人でしっかりと話しあいましょう。そしてお互いを尊重しあうことが大切です。

これはもっとも結婚手続きをスムーズに進める考え方になります。

せっかく幸せな時間だと思いますので、喧嘩で台無しにせず幸せをかみしめながら進めてみてくださいね。

入籍前にやっておくこと

入籍手続きの詳細な説明は他に優秀なサイトがたくさんありますので、本記事では、各手続きでの注意点を中心に書いていこうと思います。

引っ越しがある場合

転出届けを提出して証明書をゲット

転出手続き

転出届けを提出して証明書をゲット
転出届けとは?なぜ、証明書が必要ななのか?
引っ越し先が今まで住んでいた市区町村以外である場合。
市から「あなたはこの町から出ましたよ」という証明書をもらいます。

転入手続き

証明書は、新たに生活を営む市区町村で転入手続きをする際に役所の人が
「あ、この人~県から来た人なんだ!」と認識する際に必要になります。

転出・転入届けの詳細な手続きはこちら

戸籍謄(抄)本(結婚前)を手に入れよう。

戸籍謄(抄)本とは本籍が記載されている証明書になります。
婚姻届けを提出する際に必要となりますので、事前に手に入れておきましょう。

戸籍謄(抄)本取得の詳細な手続きはこちら

国民健康保険の資格喪失手続きをしよう

女性に多いかと思いますが、結婚を機に夫の保険に加入する際は、「資格喪失手続き」が必要になります。
夫は必ず会社での手続きを忘れずに、保険証がないと病院での支払いが大変です。
領収証を保持していれば、保険に加入後いくらか戻ってきますが、保険証はなるべく早く手続きすることをお勧めします。

僕らの時は保険証がないときに奥さんが目をけがして、いろいろ大変でした。
払い戻しのために、治ってからまた病院に行かなければいけません。

資格喪失手続きの詳細な手続きはこちら

婚姻届け

婚姻届けは予備で数枚書いておきます。
ちなみに未届け人を両親の名前にしたい人は、複数枚書いてもらうのを忘れずに。
一度書き終わったら、役所に行って必ずチェックしてもらってください。
自分たちの中ではできていると思っても実は間違いだらけだったという話はざらにあります。

僕らの場合は、奥さんがわざわざ市役所まで確認に行ってくれました。
提出希望日が日曜日だったので、事前に確認しておかないと差し戻しを食らったら記念日がずれることになります。決して近いとは言えない場所に市役所はあるので、奥さんには今でもほんと感謝しています。

役所の窓口に提出しよう

役所は24時間、土日祝日受け付けてくれます。
ここでおすすめというか、僕らがやっておけばよかったなぁーと思うことなんですが、
役所の前で写真とかとったらいい思い出になると思いますよ。
長い手続きを終えての記念写真です。

僕らは、提出に興奮して写真撮るのを忘れました。笑
「俺たち結婚したのかー。」なんて全然実感できなかったのを今でも覚えています。

二人の思い出の場所にいこう!

入籍初日はこれで終わりではありません。
提出後は二人で思い出の場所に行ってみてはいかがでしょうか。

僕らの初めてあった場所はディズニーシーだったので、
そのあとデートに行きました。
出会って初めて会った場所で同じ感じで写真撮りました。
ほんとにいい思い出です。

書類の手続きでその日を終わらせず、ぜひ楽しい一日にしてみてください!
そして最後に、かならず相手への感謝の気持ちを忘れずに。