KIMUSON BLOG

きむそんの雑記ブログ

IT業界の女性の少なさは社会問題だと思う。

空気が澄んでいるオフィス

早いもので僕がIT業界で仕事を初めて3年が経つ。

3年も過ごしていると、毎日乗るエレベータや、オフィスの男臭い匂いにもなれるようになる。

別にいやではない。つい1年前までこれが普通だと思っていた。

しかしあるおしゃれな事業会社へ訪問した際、その会社の空気は澄んでいた。

思わず目を閉じて深呼吸をしたくなるほどに。

そしてなんだかオフィス全体がキラキラして見える。

働いている人もキラキラしている女性ばかりだ。

ん?



女性!!

理由は、その会社の女性の多さだった。

20〜40代の女性がオフィスの7割を占めていた。

IT業界には由々しき問題がある。

それは女性が少ないことだ。

女性が少ないとどうなるか。

多くのIT会社がそうであるように、男ばかりの社会になる。

そうなると、

朝から男臭いエレベーターに乗り、

おしゃれに気を使わない男たちが男同士のくだらない話に盛り上がり、

ついには女性との出会いがなくなり、

少子化高齢化問題につながっていろいろあって日本崩壊である。

これはIT業界のみならず社会的な問題なのだ。

なぜ女性が少ないのか

「 IT = プログラミング = 理系 」

こんなイメージがあるせいか女性はIT業界に対し、

敷居が高く感じてしまう方が多いらしい。

だが、ここは声を大にして言いたい。

仕事上、理系っぽくないITの仕事なんて腐るほどある。

IT業界で働くための最低限のスキルは、求人情報とかに書いてある情報より大幅に低い。

PCでぐぐれる人であれば、残りは仕事始めてからの経験でカバーできます。

・だからお願いです。ぜひとも女性の方はIT業界入ってください(助けてください。)

僕はもう男臭いエレベーターに乗りたくないのです!!

フルーティーで、お花の香りがするエレベーターに乗りたいんです!!

女性の力で、IT業界をぜひとも変えていただきたいです。

昔と比べセクハラや、パワハラもうるさく言われるようになりました。

そこらへんの業界と比べれば福利厚生もよくなってきていると思います。
(技術的重要による将来性もあるし。)

ぜひとも、就職をお考えであればIT業界へ!!