KIMUSON BLOG

きむそんの雑記ブログ

【若手向け】なぜなぜ分析は現状整理をちゃんとやらないと迷宮入りする。

この記事をシェアする

f:id:samuraikid520:20171124125222p:plain
画像引用元:図解 なぜなぜ分析:5Whys ~現場の問題解決手法~

なぜなぜ分析が大嫌いだった。

よく入社して1年目、2年目に「なぜなぜ分析をしなさい」と言われていました。

なぜなぜ分析について説明すると、「事象に対し、「なぜ」を問いかけることで事象に潜んでいる根本的原因を追求する手法」です。

なぜなぜ分析
なぜなぜ分析(なぜなぜぶんせき)とは、ある問題とその問題に対する対策に関して、その問題を引き起こした要因(『なぜ』)を提示し、さらにその要因を引き起こした要因(『なぜ』)を提示することを繰り返すことにより、その問題への対策の効果を検証する手段である。 トヨタ生産方式を構成する代表的な手段の一つである。
引用元:なぜなぜ分析 - Wikipedia

このなぜなぜ分析ですが

ただ事象に対して「なぜ」を繰り返しても意味がありません。

たぶんこのなぜなぜ分析をして、

「あれ?本当にこれって根本原因なのかな?」

「あれ?なんか堂々巡りしているような気がする。。。」

なんて経験をした人も多いのではないでしょうか。

僕も経験した事があり、よく上司に詰められてました。

だからなぜなぜ分析って大嫌いだったんですよね。

「何これ使えないじゃん」みたいな感じ。。。

でも、そもそも自分の使い方が間違っていることに気づいてからなぜなぜ分析が得意になり周りからも、お客さんからも信用されるようになりました。

今日は、若手向けに本当のなぜなぜ分析のやり方を紹介します。

一体なぜ「なぜなぜ分析」がうまくできないのか?

「なぜなぜ分析」のやり方が間違っているわけではありません。

ただ事前準備ができていないため、そのような状態になってしまいます。

原因は、事象に対しての「現状整理」ができていないことにあります。

そのため、なぜなぜ分析の事前準備として「現状整理」を行ってください。

これやらないと永遠となぜなぜの闇に飲み込まれ、根本原因がわからないまま迷宮入りします。

なぜ現状整理が必要なのか

一つの事象に対し、いきなりなぜなぜ分析を行うと、自分の経験則による主観が強く入ってしまう傾向があり分析がうまくいかない事があります。

コツは、事象が起こるまでの経緯をファクトベースに整理することです。

例えば、「自分が作ったシステムに1件の障害が発生した」としましょう。

このままなぜなぜをすると、

「なぜ障害が発生したのか」
 →システム機能の一部で実装に間違いがあった。

「なぜ間違いが発生したか」
 →チェックが甘かった

 根本原因:レビュー工程のすり抜け

上記のような内容が薄いなぜなぜ分析が現状整理をすると以下のようになります。

1.関係者を明らかにする

アクターを明らかにしましょう。

ここでは「開発者」「リーダー」「クライアント」にします。

2.時間軸を明らかにする

その事象が起こるまでの時間軸あるいは工程を整理します。

ここではシステム開発の定番である「要件定義、設計、製造、試験、リリース」とします。

3.事象が起こるまでにいつ、誰が、どのような状態であったかを整理する。

上記で出した、時間軸とアクターごとにファクトを並べていきます。

ここでポイントなのが、「わからないことがあれば人に聞きましょう。」

例えば、

「要件定義の時、リーダーはこの事象に対しどのような対応をしたんだろう。」

こんな疑問が出た時は、自分の足で聞きにいかなければいけません。

これを怠ると自分の答えを出したおけるファクトベースの根拠がないためなぜなぜ分析の質が悪くなります。

4.「これが問題だったんじゃないか」と思う部分を探す。

問題を探しましょう。問題となる部分は複数出てくると思います。

複数の場合は複数全て候補になりますので、マークしておきます。

5.複数の問題に対してなぜなぜ分析を行う。

ここでようやくなぜなぜ分析を行います。

4で複数の問題を見つけていると思いますので、全てに対しなぜなぜを行います。

6.最後に根本原因を時系列で整理してみる

根本原因は、比較的時間軸上で手前のものになる可能性が高いですが、ここに関してがアクターなどの関係も見ながら何が根本原因か見定めましょう。

ここまで整理しておけば、「絶対これが根本原因だ!」と胸を張って言えると思います。

また、「なんでこれが根本原因なの?」と聞かれたとしてもファクトベースの根拠を整理しているので答えられると思います。

まとめ

なぜなぜ分析は非常に便利なフレームワークだと思いますが、使い方を間違えると自分の首を締めることになりかねないので、正しく使いたいですね!

「現状整理?」そんな面倒なことやってられるか!なんて思っているあなたは非常に危ないです。

根拠があるから、仲間は信用するし、その先のお客さんも信用します。

若いうちからこのようなことを癖付けて、後から効率化を図る(自分なりの工夫を付け加える)ことが必要だと思います。