KIMUSON BLOG

きむそんの雑記ブログ

暇だから僕が情報収集で使っているツールたちを晒す

この記事をシェアする

f:id:samuraikid520:20171212232505j:plain

IT系に関わると情報収集ってめっちゃ重要で、日常的に情報収集をしないと、自分が持っているスキルはすぐに廃れていってしまう。

 とにかく早くキャッチアップして理解し使えるようになることが望ましい。

 そんな感じで意識高い系な考えもあるんだけど、それよりも何よりも個人的には新しい技術やニュースに触れるがとても好きなので毎日お気に入りのアプリで情報収集をしているんですが、今日はただ自分の使っているツールをさらしていこうと思う。特に理由はない。

 ただ今日紹介したツールの他に利用しているものがあれば是非とも教えていただきたい。

 では、まずツールを並べていく前に個人的に府に落ちている情報収集の仕方について話したい。

 

情報収集する上での僕の考え

僕が思うに情報収集は「広さ」と「深さ」が必要だと考えている。

広さとは、テーマを絞らず世間一般の人が目にする情報収集だ。

テレビのニュースや、新聞、アプリで言えばスマートニュースや、アンテナといった様々なテーマが一緒になったメディアだ。

目的としては、情報を網羅的に把握し、世間のトレンドをマクロ的な観点で知ることができる。

僕の場合、この広さを出すために新聞を利用している。アプリでももちろんいいが、最近はレコメンド機能が充実していて自分がよく見るテーマのみが集約されてしまうことがある。 

これは情報収集で広さを出すことにおいて阻害要因になってしまう。

そのため、新聞を個人的にはおすすめする。

 

次に深さについて。

深さについてはなんのテーマについて日常的に情報の深さを持たせるかが重要になってくる。

深さについては仕事にか関わることをテーマに選ぶといいと思う。

 ちなみに僕の場合は.仕事上IT関連の情報はもちろん、ブログが好きなので、有名なブロガーの更新情報も把握し読むようにしている。

 僕個人の情報収集における考え方をさらしたところで、この考え方を前提にしたツールをさらしていく。(使ってるツール普通じゃん!よか言われると傷つくのでどうか言わないでほしい。)

 

情報の広さを意識したツール

日経新聞(日経電子版)

f:id:samuraikid520:20171212232628p:plain

引用元:経済、株価、ビジネス、政治のニュース:日経電子版

 

広さを出すなら最強のツールだと思う。有料だけどお金出す価値あります。社会人になってからずっと読んでるけどこれのお陰で上司との会話の種になったことがたくさんありました。

 

radiko.jp

f:id:samuraikid520:20171212232705p:plain

引用元:radiko.jp | インターネットでラジオが聴ける

 

ラジオです。朝起きて最初にラジオを流します。あとは通勤時間帯と帰りに聞き流してます。個人的にはj-waveがおしゃれなので好きです。 

スマートニュース

f:id:samuraikid520:20171212232839p:plain

これはおもにエンタメの情報を押さえるために使っています。これ押さえておくと会話のネタに困りません。(特に女性には)

映画、ドラマ、スイーツや旅行といったコンテンツを中心に見ています。

 

深さを意識したツール

TechFeed

f:id:samuraikid520:20171212233039p:plain

IT専門のニュースサイトです。

使っていて思うのはAIやVRといったトレンドに強いと思います。

また海外の情報も拾ってくれるので重宝しています。 

はてなブックマーク

f:id:samuraikid520:20171212233123p:plain

引用元:はてなブックマーク

 

興味のあるトピックをあらかじめ登録して見てます。こちらはブログ中心の情報を拾ってくれるので、新しい技術を使ったレポートなどが見れるため使用してます。実装ベースに記事がかかれているので(なんならソースコードも)使ってます。

 feedly

f:id:samuraikid520:20171212233211j:plain

RSSリーダーです。お気に入りのサイトやブログの最新情報をお知らせしてくれます。

僕の場合は、自分が参考にしたいブロガーさんを登録して毎日見るようにしています。

そうすることで、このブログが少しでも見やすくなればいいと思っています。

まとめ

実は僕が使っているツールってこれだけなんです。

以前はこれの二倍ぐらいツール使っていろんなサイトから情報収集をしていましたが、とても非効率なことに気がつきました。

なんなら情報を取得したとしても使う機会が全くない無駄な情報取集をしていました。

そこで本当に自分にとって必要な情報はなんなのか、最小限で効率よく情報収集するスタイルに切り替えたところ上記のような感じになりました。