KIMUSON BLOG

きむそんの雑記ブログ

ブログの更新を継続させるために早起きを習慣化させます

この記事をシェアする

ブログの継続はサラリーマンには難しい

ここ最近は仕事終わって少しだけコーディングしてブログかいて寝る。って生活だったんだけど、今日はどうしてもそれができない。

 

飲み会ですね。
いちようサラリーマンですからね。

 

もちろん、飲み会なんて前からわかっていたことで、だったら朝早く起きて勉強しようと昨晩は固く決意して寝るわけです。

 

で朝起きてみると、朝5時。

「やるじゃん、自分!よくやった、自分!」

と早起きができた自分を褒め称えて二度寝をキメてしまいました。。。

 

どうしたいかで言うと、これで朝何もできなくて飲み会いくと、毎日継続してきたことがほぼ100%出来なくなってしまう。

 

それを防ぐためにいま、焦ってこうして記事を書いているわけで(通勤電車の中で、スマホで。)

 

とにかく継続すると決めたらやりつづけたい。
(ちなみに昨年も一月の終わりまで好調に毎日更新していた当ブログだが断念していた。)

 

今年こそは継続したいので対策を考えてみる。

 

継続できない原因

飲み会と仕事の忙しさでブログや、勉強をする時間を確保できない。

 

打ち手

この二つの要素は、前からこうなることがわかっているケースと、急に発生するケースの二つがある。

 

前からわかっているなら「あらかじめ記事の書きためをしておけばいい」

ただここでの問題はそもそも書きためる時間もないことだ。

 

なので、やはり一日のうちにブログをかける時間を最低一時間、勉強する時間を最低1時間、合計2時間を確保しないといけない。

 

この時間を仕事終わりの夜としてしまうと、絶対に飲み会や急な仕事の残業で時間がとれなくなるのでやはり朝時間を確保するしかない。

 

そうしたときに問題なのが早起きできない問題になってくる。

 

こうして打ち手が矛盾して、同じことを繰り返してしまう。

 

朝の早起きを習慣化するのって結構難しく、これこそ地道な努力が必要になってくる。

 

仮に、朝起きないと絶対にいけない用事(分かりやすく言えば仕事)であれば僕の場合は起きる。

 

なので早起きにはそれなりのプレッシャーが必要なのかもしれないと仮定ができる。

 

今回に置き換えると、難しいのは自分は勉強や趣味のために早起きがしたいということで、別に起きなくても自分も含め誰の影響もない。

 

それに甘えてついつい二度寝をしている。

 

ここにプレッシャーを加えて起きるのも習慣化って意味で言うと違う気がしている。

 

習慣化って自分が無意識のうちにやっているレベルだと思うのでプレッシャーをかけて起きれるようになっても、そのプレッシャーがなくなったとき起きれないのでは意味がない。

 

そうなると科学的に人間の生理現象を理解して、自然と早起きする身体にしないといけない。

 

過去の失敗を振り替えると、いつも起きる時間よりも4時間早くして失敗した経験がある。

 

なので今回は少しずつ早くしていく取り組みをしていこうと思う。

 

ちなみに僕はいつも8時30分に起きて、15分で身支度をし、8時45分に家を出る。

 

なのでまずは1時間早い7時30分を目指そうと思う。

 

正直これは簡単だと思ってる。

 

目標は、5時起きを習慣化できるようにしたいがいきなりは絶対に挫折するのでまずは小さなところから頑張ろう。

 

2月中には6時半起きが習慣化できたらいいな。