KIMUSON BLOG

きむそんの雑記ブログ

シンプルに暮らして悩む時間を減らす生き方

この記事をシェアする

f:id:samuraikid520:20180227225119j:plain

先日、「時間がなくてブログを更新できないから、朝の早起きで時間を作る!」ことを記事で書きました。

www.kimuson.com

この記事を書いたあとにそもそも「時間を作ること」が重要なのではなく、「いかに自分が無駄な時間を過ごしているか」を考える必要があるのではないかと思うようになった。

そこで自分にとっての無駄な時間はなにかを考えてみた。

自分にとっての無駄な時間

「どんなことで無駄にしているか」は以外と簡単にわかった。
それは「悩む時間」だった。

悩むとは具体的にどんなことかで言うと、

「いま書いているこの記事を誰が見るんだろう。」
「いまの仕事をこのまま続けてこの先どうなるんだろう。」

といったものだ。

今さらになって思うが、悩みとは「基本的に考えても答えは出ない」ものだ。

むしろこの悩む時間がそのものが自分にとってストレスであり、作業の生産性すら落ちてくる。

例えば、
記事を書いている最中に「この記事は誰にも読まれないかもしれない」と考えながら書くと、とたんに書く内容が分からなくなり手が止まってしまう。

こうした悩みが生産性を落として、時間をも奪う。
これは、どんなことにもあてはまる。

仕事で一人で悩んで作業が片付かないときも、誰かに相談したらすぐに片付いたりする。

とにかく考えても答えが出ないものに悩む時間があまりにも多いことに気づいた。

根拠ある即断即決が最強

結局、時間に余裕ある生活を送るには即断即決が最強なのではないかと思った。

だから自分はこれから即断即決で生きていこう思う。もちろん明確な根拠を持って。

即断即決にはシンプルな考え方が必要

次にどうやって根拠ある即断即決をしていくかを考えてみたが、ひとつの仮説がある。

それは「生活をシンプルにしていくこと」だ。

例えば、即断即決をしている人はどんな人かイメージしてほしい。

僕の場合、大好きなイチローが最初に浮かぶ。

イチローは毎日同じルーティーンで活動しているのは有名で、毎日同じ食事をとり、同じトレーニングをしている。

その過ごし方にはいっさい無駄がなく、イチローは野球という世界で結果を出すために生きている。

イチローほどストイックに生きて行ける自信はないけど。

シンプルな生活をするにはルールを設ける

ルールを設けて生活をシンプルにすることで、思考は複雑化せずある意味条件反射のように単純で悩んでてが止まることはない。

ただあまりにも膨大なルールの中に囲まれるとシンプルな生活が複雑なものになってしまう。

なので、ルールは習慣化したらなくさないといけないのかも。

目指せシンプル生活!!

改めて自分を見直してみると、あまりにも無駄な物が多い。

それは物理的に無駄なものに溢れているし、思考も考えすぎて複雑化させてしまっている。

決めたルールは必ず守って、必要最低限のものに囲まれて生きていけば即断即決もできるはず!

とにかく悩む時間を減らしていこうと思います!